入れ歯

見た目よく、噛みやすい入れ歯は歯科医にとって永遠のテーマ

おのだ歯科医院では、失ってしまった歯を補うためにインプラント、ブリッジ、入れ歯と患者さまのケースとご希望に合わせて最適な解決を提案します。
もちろん「インプラントはイヤだ、入れ歯がいい」という患者さまもいらっしゃいます。そんなときも、お悩みや理想についてお伺いしながら、心からご満足いただける入れ歯をおつくりすることが当院にとって何よりの喜びです。

噛み心地、部位、予算。入れ歯もいろいろ

入れ歯は大きく分けると「総入れ歯」か「部分入れ歯」か、そして「保険適用」か「自費治療」かという選択肢があります。将来のことも考えながら、じっくりご相談の上でベストの入れ歯をお選びいただけることと信じています。
また、入れ歯は「つくって装着すれば終わり」ではありません。どうしても歯ぐきが痩せてしまったりすることは避けられませんから、長期的なメンテナンスと入れ歯の調整が必要不可欠です。

入れ歯装置の種類

クラスプ

最も多いタイプの部分入れ歯です。自費にすればより軽くて薄い快適な素材を選べるようになりますが、基本的に構造が簡単なので修理も簡単。製作期間が短くコストも安めです。ただし、審美的にはどうしても問題が生じやすく、また残っている歯へのダメージや歯周病リスクが上がってしまうことは避けられません。

アタッチメント

クラスプを見えないように部分入れ歯で、コストは高めになってしまいますが、噛みやすく、壊れにくく、異物感や違和感も少ないのがメリットです。

コーヌス

残っている歯に二重のかぶせものをつくることで、引っかける部分を白い金属冠にした部分入れ歯です。残っている歯への負担が少なく、それでいて維持力も強く、審美的にすぐれます。

ノンクラスプデンチャー

引っかける部分がプラスチックでできており、外部から見えない部分入れ歯です。製作が容易で歯を削る必要がありませんが、若干強度的に劣ります。

金属床

金属性の総入れ歯です。装着感がよく、熱伝導にすぐれるので、自然な感じが得られます。ただし修理しにくく、金属アレルギーの心配もあります。

レジン床

レジンでできた総入れ歯です。吸着感がよく、修理や調整が簡単です。ただし破損しやすく、厚みがあるため違和感を生じやすいのがデメリットです。

インプラント義歯

インプラントを使って固定する総入れ歯です。噛む力が圧倒的に高く、自然な歯があった頃と変わらない状態が戻ります。

クラスプ

最も多いタイプの部分入れ歯です。自費にすればより軽くて薄い快適な素材を選べるようになりますが、基本的に構造が簡単なので修理も簡単。製作期間が短くコストも安めです。ただし、審美的にはどうしても問題が生じやすく、また残っている歯へのダメージや歯周病リスクが上がってしまうことは避けられません。

アタッチメント

クラスプを見えないように部分入れ歯で、コストは高めになってしまいますが、噛みやすく、壊れにくく、異物感や違和感も少ないのがメリットです。

コーヌス

残っている歯に二重のかぶせものをつくることで、引っかける部分を白い金属冠にした部分入れ歯です。残っている歯への負担が少なく、それでいて維持力も強く、審美的にすぐれます。

ノンクラスプデンチャー

引っかける部分がプラスチックでできており、外部から見えない部分入れ歯です。製作が容易で歯を削る必要がありませんが、若干強度的に劣ります。

金属床

金属性の総入れ歯です。装着感がよく、熱伝導にすぐれるので、自然な感じが得られます。ただし修理しにくく、金属アレルギーの心配もあります。

レジン床

レジンでできた総入れ歯です。吸着感がよく、修理や調整が簡単です。ただし破損しやすく、厚みがあるため違和感を生じやすいのがデメリットです。

インプラント義歯

インプラントを使って固定する総入れ歯です。噛む力が圧倒的に高く、自然な歯があった頃と変わらない状態が戻ります。

  • Facebook
  • 専門サイトk
  • 院内通信
  • EPARKで予約
  • Doctors File
  • 求人
  • お問い合わせ
  • teL:06-6262-2566