インプラント

30年以上の経験であらゆるケースに対応

歯周病や事故などで歯を失ってしまった部位の顎の骨に、チタン製のインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をかぶせることで入れ歯やブリッジとは格段に異なる「自然な歯に近い見た目と機能」を実現するのがインプラント治療です。

おのだ歯科医院は、インプラントが登場した当初から技術の研鑽を重ね、すでに30年以上の経験を持っています。材料メーカーごとに異なるクセなども熟知しており、患者さまの半分はインプラント関係といっても過言ではありません。なかには20年超、良好に経過している患者さまもいらっしゃいます。

インプラント治療は外科処置を伴うものですので、やはり最先端の知識と技術力、何より万が一のトラブルの際の対応力が如実に出てくる治療方法です。
当院では全身検査、骨密度検査など事前の検査を丁寧に行い、院内に完備した歯科用CTで患者さまのお口の状況を精密に把握します。
一般病院での口腔外科・麻酔科での経験も積んでおりますので、再生治療、無痛治療も駆使し、1本からすべての歯まで、あらゆる症例に対応可能です。

安全かつ精密なガイデッドサージェリー

安全なインプラント治療に必要なことは、十分な診査・診断によるしっかりした治療計画を正確に実行することです。
そのため当院では歯科用CTを導入し、インプラント治療を行うすべての患者さまに対してCTによる三次元分析を行います。さらに専用ソフトを用い、どのインプラントをどのような角度でどこまで埋入するのがベストかをシミュレーション。
その緻密な計画を忠実に再現する「テンプレート」と呼ばれるものを使い、数ミリのズレも許さない手術を実現するのが、“ガイデッドサージェリー”という方法です。

インプラントを実行可能とする再生治療

骨造成

奥歯へのインプラント治療でしばしば問題となるのが、顎の骨の量です。歯が抜けたままになっていると「骨吸収」が置き、その部位の骨が急速に減ってしまいます。すると、その後ではインプラントを埋め込むだけの余裕がなくなってしまうのです。

この場合は骨を増やす手術(GBR)をする必要があります。
上顎の場合はソケットリフト、サイナスリフトという術式があります。
このように骨造成を行うことで安全にインプラント治療がおこなえて長期的に安全且つ問題のないインプラントの手術を行います。

当院ではこの際、人工骨ではなくCGFと呼ばれる方法で感染リスクを大幅に軽減する技術を用います。

CGF

CGFとは、患者さまご自身から採血した血液を遠心分離し、成長因子を含むゲル素材を自己血液由来で形成することで、高い再生能力を発揮させる方法です。

術後の感染リスクを軽減
術後の痛み、また抜糸時の痛みが少なくなる
治りが早くなり、骨の付きも早くなる

たとえば、通常の抜歯でも同じことですが、歯を抜いた後の穴に食べ物が入り込んで感染症を起こすと、長期間の痛みや腫れを生じることがあります。CGFはそうした歯ぐきの回復にも大きな効果がありますので、患者さまにとっては「いつも通りの生活」に戻るまでの時間が大きく短縮されることにつながります。

インプラント治療の料金

インプラントは一生のお付き合いとなるものですから、割れる、曲がる、折れるといったトラブルは禁物。また万が一のトラブルでも、当院は確実に対応いたします。

当院のインプラント治療は安心の5年保証
1本当たり35万円(税抜き、骨造成などは別)
デンタルローン・クレジット対応可能
インプラント相談随時無料
  • Facebook
  • 専門サイトk
  • 院内通信
  • EPARKで予約
  • Doctors File
  • 求人
  • お問い合わせ
  • teL:06-6262-2566