咬合治療

歯科治療のすべては、「咬み合わせ」につながっています

私たちが行う「歯の治療」は、始まりも終着点も「咬合治療」であると考えています。
どれだけきれいな歯をしている人でも、必ずそこにはズレがあります。また右噛み・左噛みといったクセも加わります。

私たちは、たとえ髪の毛1本でも口に入れば、噛むと違和感があります。お口の中は、そのくらい精密で敏感なもの。ましてや歯を1本抜けばバランスが変化し、長い時間をかけてさまざまな影響が出てきます。
歯並びが変わると顔のバランスが変わりますから、口だけでなく目の大きさや肩の位置まで変わることもあります。
そのため、咬み合わせは歯並びだけでなく、顔の筋肉や軟骨も含めた「動き」、そして治療による「推移」でとらえなくてはなりません。

よりよい咬み合わせで、全身の健康を守りましょう

むし歯や歯周病を放置することで歯が欠けたり失われてしまったりすると、隣り合う歯が傾いたり、空いた場所を埋めるように歯が伸びてきたりします。すると顎全体が前後・左右にずれてしまい、全身に影響を及ぼし、肩こりや腰痛となって現れる人もいます。入れ歯が顎の骨に合っていないことで、関節が外れてしまうこともあります。

当院では、一般歯科、インプラント、矯正、審美とあらゆる治療のすべてが咬み合わせに行き着くことを常に感じながら、短期・長期の両方の目で患者さまのお口の中の健康を向上・維持してまいります。

当院では、一般歯科、インプラント、矯正、審美とあらゆる治療のすべてが咬み合わせに行き着くことを常に感じながら、短期・長期の両方の目で患者さまのお口の中の健康を向上・維持してまいります。

顎関節症の原因

顎関節症は、顎関節からカクカク音、ジャリジャリ音がしたり、口が開けにくくなったり、噛む際に痛みが生じたりするものです。
さらには不定愁訴(肩こり、片頭痛、肩甲骨や首の骨の痛みなど)を起こす場合もあります。
急性的な原因としては、堅いものを無理に噛んだり、極度に大きく口を開いたり、むちうち、顔の打撲などがあります。慢性的なものには、咬み合わせ、歯ぎしりなどのクセ、姿勢の悪さなどが挙げられます。

咬み合わせから考える顎関節症の治療

顎関節症は、顎の骨がずれることで障害が起きている状態です。ただし、そもそも咬み合わせがずれているのか、または噛みしめるクセなどによって咬み合わせが悪くなってきたのかなど、その原因を深いところで把握する必要があります。その上で、

マウスピースを用いて噛みしめ、歯ぎしりなどを治す
歯の補綴治療を行い、咬み合わせを補正していく
さらに矯正治療によって歯のバランスを整える

といったように状況に合わせて治療を進めていきます。
アゴのズレは、顔貌(顔のかたち)そのものに影響を及ぼすおそれがありますから、症状の緩和だけでなく多角的なアプローチで適切に原因を取り除く治療法が重要となります。

  • Facebook
  • 専門サイトk
  • 院内通信
  • EPARKで予約
  • Doctors File
  • 求人
  • お問い合わせ
  • teL:06-6262-2566