口腔外科

痛くない親知らず抜歯

親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?いいえ、ケースバイケースです。
「親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?」という質問をよく患者様から頂きます。たしかに、親知らずを残しておくと痛くなったり腫れたりする、という場合があります。しかし、どのようなケースでも抜かなければいけない訳ではなく、他の歯などに悪影響がない場合は残しておいたほうが将来のために良い場合があるのです。

親知らずを抜いたほうがいいのはこんな場合

  • 親知らずが少しだけ生えていて、これ以上生える見込みがない
    親知らずが真っ直ぐに生えず、斜めや横に倒れてしまっている場合はきちんと生え切らず、隣の歯が虫歯になったり、歯周病を起こすことは免れません。
  • 親知らずが隣の歯を強く押し出していて歯列に悪影響を与えている
    親知らずが隣の歯を強い力で押してしまい、歯並びが悪くなることがあります。
  • 親知らずの周囲に嚢胞(できもの)ができている
    レントゲン上で見ると、埋もれている親知らずの周囲に袋状の影があることがあります。この袋状の物を嚢胞といいますが、残しておいてしまうと、口腔内トラブルを起こす原因になります。
  • 親知らずがしっかりかみ合わず、歯ぐきや頬の粘膜を傷つけている
    親知らずはしっかりとかみ合わなければどんどん伸びます。そうすると向かいの歯ぐきや頬の粘膜を噛んでしまうようになり、痛みが出ます。また顎関節症を起こす要因にもなりえます。
  • 親知らずが重度の虫歯や歯周病になっている
    親知らずは歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病になりやすい歯です。きちんと生えていても、重度の虫歯や歯周病になっている場合には抜歯した方がいいでしょう。

親知らずの抜歯時の痛みとその後の痛みについて

「親知らずの抜歯は痛みを伴う」というイメージが根強くあるようです。しかし、実際には抜歯の際には麻酔を使用するため、痛みを感じることはほとんどありません。当院では麻酔自体も痛みを感じないよう工夫をしておりますのでご安心ください。
痛みを感じるというのは通常、麻酔が切れてしまってからのことです。抜歯した箇所は傷口なので、痛むのはどうしても仕方ないことなのですが、痛みを感じる前に痛み止めを飲んでいただいたりすることで、抜歯後の痛みを極力抑えることができます。

親知らずは残しておくと再利用できることもあります。       (親知らずの移植)

親知らずを残しておくことで、次のような場合に役に立つことがあります。

  • いずれかの歯がなんらかの原因で抜歯となった場合に、その部分に移植することができる
  • 手前の歯が抜歯となった場合に、親知らずを利用してブリッジを入れることができる
  • 手前の歯が抜歯となった場合に、矯正治療を行い、親知らずを手前の位置に移動させることができる
 

そもそもきちんと噛んでいれば普通の歯のように機能させることができます。
慎重な診断が必要なため、移植をご希望の方はいつでもご相談下さい。

長堀橋駅付近で口腔外科・親知らずの診察・治療ならおのだ歯科医院にお任せ下さい

大阪市中央区で親知らずの抜歯、もしくは口腔外科疾患の診察をご希望の方は、おのだ歯科にお任せください。抜歯する場合には、できる限り痛みを抑え、将来的な移植なども視野に入れた、最良の選択肢をご提案させていただきます。

  • Facebook
  • 専門サイトk
  • 院内通信
  • EPARKで予約
  • Doctors File
  • 求人
  • お問い合わせ
  • teL:06-6262-2566