根管治療

歯を残す治療

虫歯が神経まで達してしまった場合、そのまま放置してしまうと、その歯を抜かなければいけない状態になります。「根管(こんかん)治療」は、神経まで達した虫歯を抜かずに、残すために行う治療法です。根管治療では虫歯に冒された神経を取り除き、神経が入っている歯の根にある管(根管)を清掃して、歯を残します。

根管治療の重要性

根管治療の一番のメリットは、「抜歯を回避することができる」ことです。抜歯をすると、抜歯した部分へ両側の歯が傾き、歯並びが悪くなってしまうことがあります。歯並びが悪くなると、見た目に悪いだけなく、歯みがきがしづらいことで磨き残しができてしまい、下記の問題が起こる可能性があります。

・虫歯になりやすくなる。

・しっかり咬むことができなくなる。

・発音が悪くなる。

一度失ってしまった歯は、二度と元に戻ることがないので大切にしましょう。

歯の神経を残す治療

当院では、できるだけ神経を残す治療を心掛けております。
ですが、普通にしていてズキズキ歯が痛い、温かいものが歯にかなりしみるといった症状ではすでに神経まで細菌が感染している可能性が高く、出来るだけ早く神経の処置をする必要があります。
また、「神経は残したほうがいいですか?」とよく患者様から質問をうけますが、答えは神経は可能な限り残したほうがいいです。
なぜなら、神経を取ってしまうと、虫歯の進行に気付きにくい、歯が変色しやすい、歯がもろくなり折れやすいなどといった理由があげられます。

他院では神経を抜かないと治療できないと診断された患者様も一度当院までご相談ください。

当院の根管治療について

根管内部は肉眼では見ることができません。根管治療は、歯科医師の豊富な経験と高度な技術が求められる難易度の高い治療です。当院では、経験豊富な歯科医師の高度な技術と、拡大鏡(ルーペ)やCT撮影による先端設備の導入により、高精度の治療を実現しています。
症状の進行具合に応じて治療方法を選択しており、すべての神経を冒されていない場合には病巣まで神経を除去しています。歯の神経を少しでも残し、歯へのダメージを抑えています。

難症例の場合にはCT撮影を行っています。
CTは従来のレントゲンと違い、複雑な根管内の様子を鮮明に映し出すことができるため、より精密な治療が可能になります。

根管治療を受けないようにするためには

根管治療は大きなメリットがありますが、反対にデメリットもあり、治療による負担がかかります。根管治療で抜髄した歯は、栄養を運ぶ役割を果たしていた根管内部の神経や血管を取り除くことにより、栄養が届かない状態になるため、歯の寿命は縮まってしまいます。根管治療で歯を残すことができても、元の健康な状態に戻すことはできないのです。
歯に一番良いのは、根管治療を受けなくてすむように、日頃からきちんと歯みがきや予防グッズを使って、虫歯や歯周病を予防すること。そして、定期検診(メインテナンス)に歯科医院に通い、健康な口腔内をいつまでも保ちましょう。

他院で抜歯の診断をされた歯でも当院では歯を残すことが可能かもしれないのでご相談ください。

  • Facebook
  • 専門サイトk
  • 院内通信
  • EPARKで予約
  • Doctors File
  • 求人
  • お問い合わせ
  • teL:06-6262-2566